トップ 修了証書取得プログラム 分野別テスト TOPECとは お問い合わせ

TOPEC / 修了証書取得プログラム / 英文契約書講座 / 受講生の声

修了生の声 「40歳未経験からの法務職」

私は、総務や経理等の管理部門の仕事をしてきましたが、法務の仕事をしたいと思い30代後半から法律の勉強を始め、40歳未経験であったにもかかわらず法務職に就くことができました。

法務の仕事を希望されている方はご存じかと思いますが、法務職の求人応募要件はそのほとんどに実務経験3年以上、5年以上という必須要件があり、未経験でも応募できるのは弁護士資格の保持者くらいで、未経験からの法務職へ就くのは非常に困難です。

そのような状況の中で私が法務の仕事に就けることができたのは、IPECの英文契約書講座が何年分もの実務経験に匹敵する内容だと評価されたからだと思います。

では、なぜそのような長年の実務経験と同等の知識を学ぶことができるかといえば、それはIPECの講師が長年法務に携わってきた方や今も現役で携わっておられる方、更に米国弁護士の資格保持者でもあり、アカデミックなバックグラウンドと実務のバックグラウンドを持つ経験豊富な講師陣だからだと思います。

IPECの講師の方々は日本の法律にも英米法にも精通しておられ、また、実務においてそれらの法律知識がどのように使われるかをたくさん経験されています。そうした知識も経験も十分にある講師の方々が実務で契約書を締結する際に注意していることを解説してくれるのです。そのように、何年も勉強し、何年も経験を積まないと見抜けない重要なポイントを学べること、それがIPECの英文契約書講座が長年の実務経験に匹敵する内容になる所以だと思います。

法律の勉強は、本を読む、資格試験に挑戦する等、いくらでも勉強する方法はあります。
また、1日セミナーなどもたくさんあります。
しかし、半年間にわたって、実務で多忙な講師の方々が現場の知識を詳細に教えてくれる学校は日本中探してもIPECしかないのではないでしょうか。

私は、第一線でご活躍されている本当に多忙な講師の方々が、貴重な時間を割いて講座を担当してくださっていることに、心より感謝しています。また、そのような講座を運営されているIPECのスタッフの方々にも同様に感謝しています。法律を学び、英語を学んで法務職を希望される方が、IPECで実務の知識を学び、将来ご活躍されることを心より祈っております。

2016年秋学期 受講生の声

海外法務担当者
(担当業務:海外法務に関する紛争、法律相談、事業提携、M&A、契約審査、コンプライアンス等)

基本的な考え方を学べるので、非常にありがたいです。特に、今まで普通と思っていた条項の根拠や理論を学べるので、理解が深くなり、契約相手との交渉等にも役立ちそうです。

総務部 法務担当
(担当業務:各種契約書の審査及び作成、法律相談対応)

想像していた以上に有意義な内容で、毎回大変興味深く受講できています。 表面的な訳し方だけではなく、背景にある英米法の理論に関する点も丁寧に講義していただけて、実務で使える応用力が身についたと思います。

法務部法務課 担当者
(担当業務:契約書レビュー、紛争対応等)

受講する前は、英文アレルギーのような状態でしたが、ポイントをおさえた説明で、読み方のイメージができるようになり、アレルギーがなくなりました。特に、実務上の観点や実例をまじえた解説は、イメージを持ちやすくありがたかったです。また、基本的な契約書のルールや単語の使い方から説明をしてくださったので、初心者の私でもポイントをおさえて学習することができました。

企業内弁護士
(担当業務:契約審査、契約相手との交渉に関する相談)

業務である程度、英文契約を扱っているため、知っている内容や知らなかった(わからなかった)内容も自分の経験と結びつけて、具体的な場面をイメージできる授業内容です。
契約書の表現・文言だけではなく、必要な背景知識も教えてもらえたのでよかったです。 教材は非常に詳しいので、仕事で契約書を「いち」から作成するときに参考になりました。

2016年春学期 受講生の声

弁護士

  • 講義の内容が、実務的で業務にすぐ役立つのでありがたいです。
  • 先生の解説がおもしろく、講義を受けるのが楽しいです。(おもしろく楽しい、というのは私にとっては勉強を継続できるかどうかという点でとても重要です。)
  • 大事な点は(冗談を含め)何度も繰り返し説明してくださるので、私みたいな素人でも「ここは重要なのだな」ということが理解できてありがたいです。

法務グループ チーム長

  • 法務部門に配属されたばかりの経験の浅い者にも、極めてわかりやすく基礎から学ぶことができる。
  • 本講座以外にも英文契約書に関する講座を単発で受けに行くこともあるが、平野晋先生ほど素晴らしい講師はいない。一文一文丁寧に訳しながら進むので非常に理解が深まる。また同じことを何度も繰り返し説明することも良い点。一度では知識として定着していないことでもリマインドされることで忘れなくなる。今後も平野先生の講座を受けたいと思う。

法務部 担当者

  • 他セミナーで英文契約書の基礎を学んだつもりでいましたが、契約類型ごとに典型的な条文を、副教材の教科書を参照にしながらわかりやすく解説いただいたため、予想以上に力をつけることができました。

法務チーム チームリーダー

  • 最初の頃は基本的な構造や用語で物足りない部分があったが、途中(第6講義あたり)から事例やカウンターオファーなどの具体的な話(対処)があり、理解を深めることができた。段階を追ってレベルアップしていく講座なので良いと思います。

2015年秋学期 受講生の声

  • 授業の内容は、単にテキストの説明をするだけでなく、実務的な観点から「こうした方がいい」、「こういうポイントもある」など、非常に有益な授業をして頂いていると思います。
    授業の進め方も、時間を割くべき内容と一般的な説明でよい内容を区別してポイントとなる部分は詳しく説明をして頂いており、より詳しく調べるには書籍のここに書いてある、こういうホームページがある等、授業だけでなく自分で学ぶための方法も教えて頂き、大変満足しています。
  • 御経験上の実例や、契約文言の数種の提案等があり、素晴らしい先生で授業内容についてはたいへん満足しております。
  • 英文契約書理論だけではなく実務の解説がある点が自分にあっていると思います。
  • 自分の仕事での経験のない分野なので難しく感じる時もありますが、授業の復習の際により理解を深めることができるよう文献やインターネット等で調べることにより自分の身になるようつとめていますのでレベルはあっていると思います。
  • 様々な英文契約の基礎が学べるところが自分にあっていると思います。
  • 英文契約書理論だけではなく実務の解説がある点が勉強になります。
  • 現実の取引を題材にした講義がよいと思います。

受講生の声―インタビューはこちら>>

TOPECのニーズをご紹介